FC2ブログ

ケントの冒険 第1章 全日本Jr琵琶湖編③

いよいよ今年のメインシリーズ
全日本ジュニアの開幕戦です。



〜自分なりに〜
三月は中山開幕戦、柳井第2戦、全日本開幕戦琵琶湖大会に参加しました。
書いてみると凄いスケジュールじゃなあ…親が大変だ(笑)
鈴鹿選手権翌週、鈴鹿で使ったタイヤで練習がてら中山のレースに当日入り、この時は永井さん、長尾さんも当日入りのエンジョイメンバーでのレース参戦でしたが訳あってサポートは湯浅さん、藤原さんの2名。永井さん、長尾さんにあれこれトラブルもあってバタバタしたレースみたいでした、不在でご迷惑おかけしました(^_^;)
ケントは地元の花崎先生にラップ1.2秒遅れで走行完走した様子、何か得るものがあったかは次の中山で確認してみますww
翌々週は柳井第2戦
二周タイトラでは自己記録を更新、中々の成長ぶり。予選、決勝と競い合いレースはしてましたが最後は縁石に乗りすぎてチェーンが外れDNF
チェッカーを受けれない悔しさよりタイムが良かった嬉しさを伝えてるような部分は子供らしいのですがレースを戦うドライバーとしては未熟だなぁ、まだそういった感覚は無いみたい。
いよいよ迎えた琵琶湖大会
クラス分けの無い練習では目標通りの成長を見せて何とかタイムだけは周りと見劣りしないところまでになりました。
が、クラス分けが始まりライバルと走りだすと一変(><)。謎の走りを披露
分析した結果、ライバルに追走すると接近し過ぎてブレーキ。追いかけたいあまり立ち上がりでオーバーランを防ぐのにブレーキ。とにかくブレーキ
と安心安全のタクシードライバーに変身です。
本来ならシャーシを路面コンディションでセットアップするのですが彼の場合は彼の心身コンディションでセットです。
話しを聞き、状況を確認してセクション毎に少しづつ改善して何とかレース当日を迎えました。
タイムトライアル、なんとケントのスリップを使う選手が現れます( ゚д゚) ライバルがケントを利用しようとする姿を見てケントに確かなスピードがついてきてることが分かりました。
予選は不慣れなローリングから最下位に転落
決勝はスタートに成功するもポジション取りの不慣れなとこが出て最下位転落とレースに関してはまだまだ未熟、しかしながら今年一緒に戦うユズキング先生、花崎先生と少しづつ差を縮めているのは事実。習って学んで追い付け追い越せです。
これからは中山大会に向けて本人の心身共に成長を期待しつつ、また一緒に頑張っていきます。
今のところは周りの方が頑張ってるかな(~_~;)
まずは自分の事だから、親に頼る前に自分で考え、自分で動くようになれるようになりなさいよ。

中山大会まであと1ヶ月半
長いか短いか… 成長をお楽しみに(^_-)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

RT.HISTRY

Author:RT.HISTRY
HISTRYとは
[ He is TRY ]
[ HISTORY ]
 
「彼らは歴史に対して挑戦をする」
という和製英語です。
 
RacingTeamHISTRY 
アナタもレーシングライフに
挑戦しませんか?
いつでもお待ちしてます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Amazonリンク
欲しい商品を検索してサポーターの仲間入り
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード